中心静脈カテーテルの保護カバー CVカテーテルケース

この写真を見て何か想像がつきますか?
スマホカバー?キーケース??
これは小児がんなどの治療で使用する中心静脈カテーテルを保護するためのカバーです。

中心静脈カテーテルとは?

中心静脈カテーテル(CVカテーテル)とは、抗がん剤を中心静脈にダイレクトに届けるための細い管です。
小児がんなどの化学療法や、IVHやTPN、いわゆる「中心静脈栄養法」といって高カロリー輸液を体内に取り込み消化器系障害の治療、心臓疾患の治療など長きに渡り点滴治療をする子供達は、中心静脈カテーテル(CVカテーテル)を体に埋めこんでいる事が大多数です。

しかし、その先端は体から突出しており、見栄えもグロテスクですし、なにより管が身体の近くでぷらぷらしていたら衛生面でも問題です。

特に小さなお子さんだと、気になって引き抜いてしまう引き抜き事故が懸念されます。

そこで各医療機関より案内されるのが、「CVカテーテルケース」です

CVカテーテルケースの役割


CVカテーテルケースの役割は、

  1. 引き抜き防止
  2. ルート固定の際のテープかぶれ防止

特に、抗がん剤治療などをしている子供たちは、体の免疫力が落ちるので、2.ルート固定の際のテープかぶれの問題は深刻です。CVカテーテルにカバーをつけるように医療機関から指示を受ける場合と、そうでない場合があるのは現状ですが、このテープかぶれから敏感な肌を守る1つの手段としてCVカテーテルケースは位置付けられています。

CVカテーテルの御守り的存在「CVカテーテルケース」
該当病院の薬局などに売っていても良さそうなものなのですが、CVカテーテルを保護するカバーは、今の所、市販の既製品では存在していません。(2017年9月現在)

では、どうしているかというと、欲しい場合はすべて保護者の手作りが一般的となっています。制作方法もコレ!というものは存在しておらず、それぞれが手探りで我が子を思って制作するのが慣例となっています。

CVカテーテルケースは、引き抜き事故の防止・感染予防はもちろんですが、保護者が制作することで「早く治りますように・・・」という制作者の思いが込められたお守りのような役目を果たしています。

Heartfelt Giftからのおすすめ品

推奨お見舞い品 購入はこちらから

CVカテーテルケースは、薬局などでは市販されていませんが、自身の経験をもとに販売しているハンドメイドショップなどで稀に販売されていることがあります。

なかでもMammies  Hours  SHOPで取り扱っている「CVカテーテルケースキット」は、ベッドサイドでお母さんが手縫いで仕上げることができることに焦点を当てた商品となっており、希望すれば縫製サービスも行っています。

縫い方はこちら

そして、子供のお見舞い品として、小児がんの中でも非常に希少な「膵芽腫」に罹患した娘さんの闘病記「笑顔のちから 小児がん、膵芽腫を吹き飛ばせ!!」を出版された経験もあるPECOYAの「開運だるま」とコラボレートした商品を販売しています。
とにかく笑顔の絶えないPECOYAの作る「開運だるま」には、縁起物というだけではないPECOYAの思いが凝縮されています。

 

商品紹介

ネクタイ柄の購入はこちら

 

キリン柄の購入はこちらから

 

タペストリー柄の購入はこちらから

こちらの商品の装着方法は、

こちらの商品には、購入の際にこの装着方法の説明チラシが梱包されています。病院によっては、CVカテーテルにカバーをつけないことを慣例としているところもあり、医療従事者が装着方法がわからない場合もありますので、そういったときにこのチラシはとても役に立ちそうですね。